年末調整電子化システム専門サイト > 年末調整システム一覧 > S-PAYCIAL(鈴与シンワート)

S-PAYCIAL(鈴与シンワート)

鈴与シンワート株式会社の年末調整電子化システム用公式サイト
引用元:鈴与シンワート株式会社
https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/service/webnc/

S-PAYCIALの
利用料金(税別・2020年9月調査時点)

従業員300名の場合 記載なし
従業員500名の場合 記載なし
従業員1,000名の場合 記載なし

S-PAYCIALの年末調整
イチオシの理由

鈴与シンワート株式会社が提供する「S-PAYCIAL(鈴与シンワート)」は、年末調整の電子化システム「だけ」を導入することも可能です。

クラウドサービスのためマルチデバイスに対応しており、いつでも簡単に年末調整の電子申告を行えます。

S-PAYCIALの入力画面は分かりやすいため、従来の紙ベースよりも申告しやすく、管理者がわざわざ申告書を回収する手間がかかりません。このシステムを導入することで、年末調整にともなう管理者と従業員の作業を最小限に改善します。

外出が多い社員でも移動中にスマートフォンから年末調整の申告ができるため時間を効率的に活用でき、管理者は進捗状況を確認できるため未提出者のチェックがスムーズです。

はずせないポイントで比較
年末調整電子化対応システム

S-PAYCIALの
口コミ評判

今まで1日張り付いて作業していた業務をS-PAYCIALを導入したおかげで、たった5分で完了できるようになりました。さらに業務フローのアドバイスをくださり、社内の業務効率化を推進していただき感謝しています。また、社内のペーパーレス化を推進できたのも、人事の業務改善に役立ちました。

参照元:鈴与シンワート https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/case/hokuyaku20181101/

社労士事務所のお客様へシステムを導入いただいたところ、スマートフォンからいつでも気軽に操作できるようになり好評です。私どもとしては郵送で給与明細などの必要書類をやり取りする手間が軽減するだけではなく、お客様宛の誤配リスクを未然に防げるようになりシステム導入の意味がありました。

参照元:鈴与シンワート https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/case/mizoguchi20141212/

他社サービスからS-Paycialに乗り換えを決めたのですが、パスワードの変更などもスムーズにできるため気に入っています。社会保険労務士事務所から給与明細などを郵送でやり取りするのは誤配のリスクがあり気を遣うものでしたが、システムを導入後は本業に専念できます。

参照元:鈴与シンワート https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/case/ito20140828/

S-PAYCIALを導入するまでは、毎月100名ほどの給与明細書はすべて手作業でした。作成し、スタッフ全員に送付するまで丸二日かかっていました。人件費、紙、郵送代などのコストがかかるうえ、なんといってもヒューマンエラーが出てしまうことが避けられず、また個人情報保護の点からもシステム化の必要があったところ、S-PAYCIALを取り入れてからは給与明細にかかる運用コストが3分の1になりました。スタッフからの評判も良く、満足しています。

参照元:S-PAYCIAL(https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/case/egs20140606/)

営業スタッフの対応が常に敏速で、困ったことがあるとすぐに駆け付けて支援してくれるところに非常に好感が持てました。最初に導入した際にデータ・フォーマットが合わず手間取ったのですが、SEの方がすぐに対処してくれました。S-PAYCIALの価格はリーズナブルなのにしっかり導入後も対応してもらえるのが心強いです。導入後は、1日半かかっていた給与明細送付作業が5分で済むようになり、コストの削減もできました。サービスを含めとても評価しています。

参照元:S-PAYCIAL(https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/case/egs20140606/)

S-PAYCIALは安全性、利便性共に評判が良かったので採用しました。他の主要な電子給与明細サービスを8社検討したのですが、現行システムと併用でき、機能面のデグレードがないこと、セキュリティ対策が万全、将来的な機能拡張が予定されているなど、一番要件を満たしていたのです。担当の方も迅速で、申し込みからページ開設までとても速かったと思います。誤配や遅延、紛失といった給与明細配布のリスクが軽減され、お客様の評判も上々です。

参照元:S-PAYCIAL(https://s-paycial.shinwart.co.jp/hr/case/egs20140606/)

S-PAYCIALの
料金設定

S-PAYCIAL(鈴与シンワート)の料金設定について記載がありませんでした。

S-PAYCIALの
お試し利用について

S-PAYCIAL(鈴与シンワート) お試し利用、トライアル利用については記載がありませんでした。

S-PAYCIALの
セキュリティについて

S-PAYCIAL(鈴与シンワート) のセキュリティ体制については記載がありませんでした。

S-PAYCIALの
サポート体制について

S-PAYCIAL(鈴与シンワート) のセキュリティ体制については記載がありませんでした。

S-PAYCIALの総括

年末調整をパソコンやスマートフォンからいつでもどこからでも簡単に申告できるS-PAYCIAL 電⼦年調申告は、従業員やスタッフの入力作業の負担を大幅に軽減でき、年末調整の印刷や仕分け、回収などのコストや人事関係の業務時間の削減も可能とします。これまで紙の申告では毎回全ての項目の記入が必要なところ、登録情報の追加、変更のみの入力で提出できるので、従業員にも好評です。担当者は入力・出力状況がリアルタイムで確認でき、差し戻し機能で不備や修正などに迅速に対応できます。

このサイトでは年末調整電子化ソフトを比較して掲載しています。様々なソフトの特長、費用、サポートなどの情報を検討し、是非自社・自事務所に最適なソフトを見つけてください。

導入費用比較
年末調整電子化対応システム
おすすめ製品の年間コスト比較

労務システムの料金設定は各製品によって異なり複雑です。年末調整業務は一年に一度しかないため、一度あたりの料金(年間コスト)で見るのが最適といえるでしょう。
安全に乗り切る」をテーマに、セキュリティにおいては2段階認証のあるシステムを抽出しました。全従業員が使用するため、2段階認証の有無はセキュリティにおける選び方の指標となり得ます。同じ理由から、導入後に全員が使いこなせることも重要です。
ここでは「そこで、無料トライアル期間のあるシステムを抽出し、最長期間を比較しています。

▼左右にスクロールできます▼
                                     
製品名利用年額(税別)
(従業員100人の場合)
利用年額(税別)
(従業員300人の場合)
無料トライアル
最長期間
サポート体制
オフィスステーション
年末調整 公式HPから資料請求する 公式HPを見る
55,000165,000 30 社労士資格保持者、実務経験者
在籍のサポートデスク
人事労務freee 公式HPから資料請求する 公式HPを見る 629,760 1,829,760 記載なし チャット、メール、電話による
相談可能
SmartHR 公式HPから資料請求する 公式HPを見る 900,000 2,700,000 15 チャットサポート
マネーフォワード
クラウド給与 公式HPから資料請求する 公式HPを見る
31名以上は
要問合せ
31名以上は
要問合せ
31日(1ヶ月) チャットボット自動応答、チャット
メール、電話による相談可能

※データは2020年9月時点で、独自調査によるものです。
※人事労務freeeは給与計算、マイナンバー管理、法定三帳簿対応、経費精算連携、労務手続き、勤怠打刻記録がセットとなった料金(ベーシックプラン)です。
※SmartHRは人事情報管理、自動書類作成、電子申請、マイナンバー管理、web給与明細、カスタム社員名簿がセットとなった料金(スタンダードプラン)です。

       
セキュリティーが安心

セキュリティ、運用面で安心できる
年末調整電子化システム比較