年末調整電子化システム専門サイト > 年末調整電子化の概要

年末調整電子化の概要

令和2年から、年末調整の電子化が進められることになりました。年末調整を電子データで申告し、また保管できるようになります。膨大な手間がかかる年末調整業務が簡素化され、また申告が正確になることが期待されます。

国税庁が進める年末調整電子化の変更点イメージ

ここでは、その年末調整の電子化について概要をまとめてご紹介します。

年末調整とは

年末調整とは、毎月源泉徴収されている税額の合計と、年末に確定するその年の税額とを比較して、過不足分を精算する手続きのことを言います。ただ合計して比較するだけでなく、後述する課税所得の控除の計算をした上で、精算を行います。

年末調整控除申告とは

年末調整時に、従業員は課税所得を控除するための申告を行います。社会保険料を課税所得から引いたり、配偶者や扶養者がいる場合の控除を受けたりするために、証明書や申告書を準備して勤務先に提出します。

企業の担当者は、この申告書が正確に記載されているか、また証明書との齟齬がないかチェックした上で精算をします。

年末調整電子化のメリット

年末調整を電子化することで、上述の申告書・証明書のチェックが簡素化されます。

申告書の作成は、各種証明書からインポートした数字で自動計算されるので、計算ミスの心配がありません。証明書との齟齬も起きないため、検算・チェックの膨大な手間を省くことができます。

これまでは、申告書のミスで従業員に問い合わせる手間があったり、証明書の紛失で年末調整の作業が遅れることがありました。こういった作業も不要になります。

また、これまでは年末調整に関わる書類を7年間保管しなければなりませんでしたが、これも電子データで保管することが認められました。

年末調整の電子化には、従業員・管理者ともに作業が簡単になり、かつ正確に申告できるという大きなメリットがあるのです。

年末調整電子化に向けて必要な準備

年末調整の電子化に向けて、以下の準備が必要です。

年末調整のシステムの導入

年末調整システムを、電子化に対応したものが必要です。端末にインストールして使ういわゆる「オンプレミス型」の製品もありますが、セキュリティが強固になっていて、導入の手間が少ない「クラウド型」も検討してみることをおすすめします。

[製品比較]セキュリティ面に力を入れている
年末調整電子化対応クラウド

年末調整の説明会・セミナーに参加する

令和2年は特に税制改正による混乱やミスが起きやすいので、セミナーや説明会に参加して理解を深めておきましょう。

ただ、令和2年は国税庁の説明会の中止がアナウンスされており、例年のようにセミナーや説明会に参加することができない可能性があります。国税庁から映像資料などが提供される予定なので、チェックしておきましょう。また、今後オンラインでのセミナーなどが開催されれば、それに参加するのもひとつの方法です。

国税庁の年調ソフトも検討してみる

国税庁でも、年末調整を電子化するためのソフトウェアを無料で公開する予定です。民間の年末調整効率化ツールとの違いはどんなものなのでしょう。

民間の製品なら、専門知識のあるサポートデスクにいつでも問い合わせや質問ができるものがあります。煩雑で難しくなりそうな年末調整電子化に取り組むなら、サポートの手厚いシステムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

導入費用比較
年末調整電子化対応システム
おすすめ製品の年間コスト比較

労務システムの料金設定は各製品によって異なり複雑です。年末調整業務は一年に一度しかないため、一度あたりの料金(年間コスト)で見るのが最適といえるでしょう。
安全に乗り切る」をテーマに、セキュリティにおいては2段階認証のあるシステムを抽出しました。全従業員が使用するため、2段階認証の有無はセキュリティにおける選び方の指標となり得ます。同じ理由から、導入後に全員が使いこなせることも重要です。
ここでは「そこで、無料トライアル期間のあるシステムを抽出し、最長期間を比較しています。

▼左右にスクロールできます▼
                                     
製品名利用年額(税別)
(従業員100人の場合)
利用年額(税別)
(従業員300人の場合)
無料トライアル
最長期間
サポート体制
オフィスステーション
年末調整 公式HPから資料請求する 公式HPを見る
55,000165,000 30 社労士資格保持者、実務経験者
在籍のサポートデスク
人事労務freee 公式HPから資料請求する 公式HPを見る 629,760 1,829,760 記載なし チャット、メール、電話による
相談可能
SmartHR 公式HPから資料請求する 公式HPを見る 900,000 2,700,000 15 チャットサポート
マネーフォワード
クラウド給与 公式HPから資料請求する 公式HPを見る
31名以上は
要問合せ
31名以上は
要問合せ
31日(1ヶ月) チャットボット自動応答、チャット
メール、電話による相談可能

※データは2020年9月時点で、独自調査によるものです。
※人事労務freeeは給与計算、マイナンバー管理、法定三帳簿対応、経費精算連携、労務手続き、勤怠打刻記録がセットとなった料金(ベーシックプラン)です。
※SmartHRは人事情報管理、自動書類作成、電子申請、マイナンバー管理、web給与明細、カスタム社員名簿がセットとなった料金(スタンダードプラン)です。

       
セキュリティーが安心

セキュリティ、運用面で安心できる
年末調整電子化システム比較