年末調整電子化システム専門サイト > 今年初の人事担当でもできる!年末調整進行手順 > そもそも年末調整とは?

そもそも年末調整とは?

企業が年末に行うべき年末調整とはいったい何なのか、年末調整の目的やすべき理由、注意すべきポイントなどをまとめました。

なぜ年末調整をしなくてはいけないのか?

年末調整とは、企業に属して働いている従業員が納めるべき1年間の所得税について調整する作業のことを言います。従業員は毎月働いた分の給与から、あらかじめ決められた額を所得税として差し引かれています。ただし毎月差し引かれている所得税は正確なものではありません。

1年間で納めるべき所得税は年末に正しい額が算出されます。そのため毎年年末になると、1年間の所得税として確定された額と、1年間の間に従業員の給与から引かれた所得税とを比較して、所得税額の過不足を調整する必要があるのです。これが「年末調整」と呼ばれる作業であり、年末調整をしないと所得税を支払いすぎた分や逆に不足している分のズレが生じてしまいます。

年末調整を行うことによって、本来納めるべき税金の額を正しく計算した結果、払いすぎていた税金が還付されることも少なくはありません。年末調整をしないでいると、税金の支払い過ぎがあっても戻ってこないため損をすることになるのです。

源泉徴収制度とは?

給料明細を見たときに「源泉徴収」という項目を見たことのある人は多いでしょう。源泉徴収制度とは、給与や配当・報酬といった特定の所得を支払う立場の人が、支払う際に「源泉所得税」をあらかじめ徴収し、税務署にそれを納付する制度のことです。

この源泉徴収税は、従業員の給与から毎回差し引かれています。いわば仮で支払われている所得税ということになりますが、この源泉徴収された税の額はあくまで「仮」で決定されているため、年末調整で正しい額を算出し、調整する必要があります。源泉徴収された税額と本来支払うべき所得税の額とを比較して、年末調整を行い源泉徴収税の額が高ければ徴収されすぎた分が還付されます。

年末調整の対象となる主な控除

年末調整には「所得控除」と呼ばれる制度が適用されます。所得控除とは、所得から差し引いても良いとされている経費のようなものです。年末調整では所得控除の対象となる額が所得から差し引かれて計算されるため、所得控除で適用される項目が多ければ多いほど、支払うべき所得税額が低くなり、税金が還付されやすくなります。

年末調整で適用される所得控除には、以下の種類が挙げられます。

  • 基礎控除(一律48万円)
  • 配偶者控除(最高38万円)
  • 配偶者特別控除(最高38万円)
  • 扶養控除(38万円)
  • 生命保険料控除(最高12万円)
  • 地震保険料(最高5万円)
  • 社会保険料控除(該当する社会保険料全額)
  • 小規模企業共済等掛金控除(該当する掛け金全額)
  • 障がい者控除(27万円)
  • 寡婦(寡夫)控除(27万円)
  • 勤労学生控除(一律27万円)

これらの所得控除は基本的に会社が申請を行います。従業員は家族構成や保険への加入状況などに該当する控除がある場合、会社に対して申告書を提出する必要があります。

導入費用比較
年末調整電子化対応システム
おすすめ製品の年間コスト比較

労務システムの料金設定は各製品によって異なり複雑です。年末調整業務は一年に一度しかないため、一度あたりの料金(年間コスト)で見るのが最適といえるでしょう。
安全に乗り切る」をテーマに、セキュリティにおいては2段階認証のあるシステムを抽出しました。全従業員が使用するため、2段階認証の有無はセキュリティにおける選び方の指標となり得ます。同じ理由から、導入後に全員が使いこなせることも重要です。
ここでは「そこで、無料トライアル期間のあるシステムを抽出し、最長期間を比較しています。

▼左右にスクロールできます▼
                                     
製品名利用年額(税別)
(従業員100人の場合)
利用年額(税別)
(従業員300人の場合)
無料トライアル
最長期間
サポート体制
オフィスステーション
年末調整 公式HPから資料請求する 公式HPを見る
55,000165,000 30 社労士資格保持者、実務経験者
在籍のサポートデスク
人事労務freee 公式HPから資料請求する 公式HPを見る 629,760 1,829,760 記載なし チャット、メール、電話による
相談可能
SmartHR 公式HPから資料請求する 公式HPを見る 900,000 2,700,000 15 チャットサポート
マネーフォワード
クラウド給与 公式HPから資料請求する 公式HPを見る
31名以上は
要問合せ
31名以上は
要問合せ
31日(1ヶ月) チャットボット自動応答、チャット
メール、電話による相談可能

※データは2020年9月時点で、独自調査によるものです。
※人事労務freeeは給与計算、マイナンバー管理、法定三帳簿対応、経費精算連携、労務手続き、勤怠打刻記録がセットとなった料金(ベーシックプラン)です。
※SmartHRは人事情報管理、自動書類作成、電子申請、マイナンバー管理、web給与明細、カスタム社員名簿がセットとなった料金(スタンダードプラン)です。

       
セキュリティーが安心

セキュリティ、運用面で安心できる
年末調整電子化システム比較